" >

宇宙科学の法則・観えぬものこそ!

知花敏彦氏は天上界から人類指導の目的で地上界に派遣された少数の指導者の一人です。自分の智恵を誇るのではなく、全智全能の世界から知花氏の体を通してメッセージを伝えます。観えぬものこそ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
H大師は普段書体でおられ、必要があると肉体で出現されるのです。

(最終ページにアメリカ、ボストンのシャンバラの人口で、お会いしたH大師の肉体の姿と書
体の写真が掲載されています)

愛は天と地の架け橋

http://chikyukazoku2020.com/cargo/goodsprev.cgi?gno=15-1119

 ヒマラヤのこのシャンバラ本部の場所

(正確には超意識の世界は空の世界ですから、シャンバラの世界への入口というべきでしょう)

には、イエスが一三歳の時に修行に訪れ、

バプテスマのョハネは一八歳の時に訪れています。

この事実は木切れに記録として書き残されています。

 H大師は、一メートルほどの雪の上にござをひいて、
瞑想しなさいというのみであとは沈黙を守っています。

 私は雪の上に座ると、雪の冷たさが身にしみ、
このまま凍え死ぬのではないかと恐怖心が襲いました。

 
スポンサーサイト
人々は自分の本源を知らず
因果の法則
永遠の自分の発見
魂の進化
人間の常識は宇宙の非常識
宇宙への帰還ガイド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。