" >

宇宙科学の法則・観えぬものこそ!

知花敏彦氏は天上界から人類指導の目的で地上界に派遣された少数の指導者の一人です。自分の智恵を誇るのではなく、全智全能の世界から知花氏の体を通してメッセージを伝えます。観えぬものこそ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
シャンバラの世界への旅立ちと悟りの体験


ヒマラヤ シャンバラ本部での体験 

超意識の世界が人類を指導しています。


私たちが瞑想会を行うときや、
知花先生の講演会場には、
意識体である超意識の世界の方々が、
臨在され、字宙エネルギーの供給と、
見えない世界からの指導をされているのです。

シャンバラと人類が呼んでいる超意識の世界があり、
世界に7カ所そのシャンバラの世界への入口があります。


その場所は本部がヒマラヤで、
他に、
沖縄、
米国のボストンの郊外、
ロンドン郊外のストーンヘンジ、
エジプトのギザのピラミッド、
ボリビアのサマイパタ等々です。

シャンバラとは、
見えない空の意識の世界、
永遠の世界のことを意味します。

世間に出ている文献にあるように、
シャンバラという地下都市があるということではないのです。

知花師は、ヒマラヤの本部で3ヶ月間、
ピラミッドで2週間の生活体験を積まれ、
人間として誕生することにより、
忘れていたすでに持っている記憶を思い出し、
確認するための体験学習を積まれたのです。

その際には超意識の世界の人たちの指導を受け、
その結果、本来の自分に戻り、
自分自身の本質を再確認し、
全智全能の宇宙と完全につながり、
宇宙意識そのものに到達されたのです。

ここでは、知花師白らが語るその体験談を紹介します。

本文中「私」とあるのは知花敏彦師のことを指します。


▼下記のブログランキングに参加しました。
よかったらクリックお願いします。
banner_03.gif


e_02.gif







スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
人々は自分の本源を知らず
因果の法則
永遠の自分の発見
魂の進化
人間の常識は宇宙の非常識
宇宙への帰還ガイド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。